ユナイテッドアローズのサステナビリティ

ユナイテッドアローズは、経営理念と社是に基づいた「社会との約束~5つの価値創造」を使命としています。私たちは経営理念の実現を目指し、5つの価値創造をし続けることで、社会に貢献する存在です。

サステナビリティ推進の指針として、ステートメントとマテリアリティ(重要課題)を定めています。

サステナビリティステートメント

私たちは「生活文化のスタンダードの創造」を目指し、5つの価値創造を通じて持続可能な社会と環境の実現に向け、主体的に行動し続けます。私たちは、それを積み重ねることで世界を豊かにし、輝かせることができると信じています。

テーマとマテリアリティ

2020年4月に5つのテーマと16項目のマテリアリティを特定しました。これらのもと事業活動と一体となって、スピードを上げて推進してまいります。

5つのテーマ 16項目のマテリアリティ
サプライチェーン 責任ある商品調達とサプライチェーンの構築
安心・安全で透明性があり、環境に配慮した原材料・商品の調達、倫理的で責任ある労働環境を確保したサプライチェーンの構築を進めます。
商品調達のトレーサビリティ管理
サプライチェーンにおける人権と労働環境の尊重
環境配慮素材の利用推進
生物多様性・動物福祉に配慮した原材料の調達
低炭素化の推進
省エネルギー・再生可能エネルギー利用の推進
資源 廃棄物削減と循環型モデルの実現
商品のライフサイクル全体に責任を持ち、事業活動を通して排出される廃棄物の削減と、不要になった衣料の再利用・再生資源化を促進し、循環利用(サーキュラーエコノミー)に貢献します。
事業活動による廃棄物の削減
不要になった商品の回収・リユース・リサイクル推進
コミュニティ 地域社会の発展をめざした活動の継続
地域との良好な関係を深め、生活文化の向上に貢献することで、コミュニティの発展をめざします。
地域社会・コミュニティや被災地の支援
人材 個の尊重と働きがいを生む環境づくり
従業員一人一人が働きがいを持って生産性を高めて、多様性を認め、個を尊重する組織風土と労働環境を構築します。
ダイバーシティ・インクルージョンの推進
働き方改革
人材育成
適正な評価・報酬
ガバナンス 100年企業をめざした経営基盤の確立
透明で公正な経営体制を築くとともに、迅速で果断な意思決定を行う仕組みを充実させることで、100年企業をめざします。
コーポレートガバナンス
リスクマネジメント・コンプライアンス
個人情報保護と情報セキュリティ